自己破産とはどんな手続き

よくわかる自己破産

自己破産とは

自己破産とは裁判所を通す手続きの一つで、多額の借金でも全て支払が免除されるのが最大の特徴です。

自己破産はまずは裁判所に申し立てを行います。
支払い能力が無いと判断されると破産手続開始決定が下されます。
その後に免責不許可事由に該当しなかった場合に免責許可の決定が下され、借金の支払が免除されます。
1000万円の借金でも支払い能力があると自己破産は出来ず、100万円の借金でも支払い能力が無いと自己破産が出来ます。
特に借金額で出来る出来ないが左右されるわけでは無いです。
免責不許可事由は債権者を害する目的での借金した場合、ギャンブルや浪費目的での借金、株や先物投資目的での借金、
返済不能なのがあきらかなのに借金した場合、裁判所で偽証を行った場合、自己破産が認められてから7年以内の場合など様々です。
しかし裁判官の裁量によっては免責が許可される場合があります。
ギャンブルや浪費目的で借金した場合でも、十分な反省と更生する意欲を示せば自己破産できる可能性があります。
自己破産はマイホームや99万円以上の現金、20万円以上の預貯金など換価できる財産は差し押さえされる、
官報に記載される、一部の職業や資格で一定期間就けなくなる、ブラックリストに掲載される、連帯保証人になってくれた人に迷惑がかかるなどのデメリットがあります。